遥書道教室「夏の書道と雨畑硯」

今日の前橋市は夏日になりました。

午前中、ガラリとした教室を外から撮ってみました。大体私はここに座っています。

木曜日の午前中に、ここに大人が数名集まることを夢見ております。

上泉の小さな教室は、日当たりがとても良く、清潔感とデザイン性に富んだ素敵な教室です。

ひとりでもいいからここで書きたいなと思ってお借りすることに決めました。

日差しが強い日でも、中は涼しく、心が落ち着きます。

今日は、ずっと隷書を書いていました。

兄(滝沢寛裕)から、山梨県の早川町にある硯匠庵さんに、雨畑硯を見に行き、こちらを買ってきたと写真が届きました。

墨がよく伸びて書き心地がよいそうです。

次回、帰郷した際には私も行ってみようと思います。

遥書道教室にも、持って帰ってきますので、試してみてください。

ひとつしか買えないと思いますので、順番です(^ ^)

関連記事

  1. 遥書道教室「教室のご案内とお約束」

  2. 遥書道教室、上泉の小さな教室、「書道と利き手」

  3. 遥書道教室12月の予定

  4. 遥書道教室、上泉の小さな教室、「遥とは…」

  5. 2019年5月「遥(はるか)」書道教室がスタートしました。

  6. 遥書道教室、上泉の小さな教室、「あいうえお、アイウエオ版」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 成長

    2020.05.20

  2. 証券会社、FX業者のおすすめは?

    2020.05.19

  3. よくある質問

    2020.05.16

  4. トレードルールの評価の仕方

    2020.05.10

  5. 様々な金融商品をいろんな角度から比較してみましょう

    2020.05.02